0616_01

一般的に女性は男性よりも便秘になりやすいといわれていますが、それがなぜなのかという理由を男性の皆さんは考えてみたことがあるでしょうか?

そこには身体的なものから精神的なものまで、女性特有のさまざまな要因が関係しています。

女性が便秘になりやすい理由を知ることで、女性の心と体のメカニズムを知っていきましょう。

女性ホルモンによる要因

0616_02
まずは男性と女性の体内で作られるホルモンがそれぞれ違うということが、理由の1つとして挙げられます。
女性の体の中には1サイクルの生理周期の間に、さまざまなホルモンが分泌されます。

その中でも特に便秘に影響を与えているのが、排卵から月経までの時期に分泌される「プロゲステロン」という黄体ホルモンです。

このホルモンには胃や腸の働きを鈍くする働きがあり、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を弱くしてしまう作用があるため、女性はこの時期に特に便秘になりやすいのです。

身体的な要因

0616_03
女性の骨盤は胎児を育てる時のことを考えて広く作られています。
しかし骨盤が広いとそこに腸が下垂してしまい、不安定な状態になっていまいます。
するとこの場合でも蠕動運動が起こりにくくなってしまい、便が腸の中で停滞してしまうのです。

また腸の中の便を移動させるためには蠕動運動だけでなく、ある程度腹筋の力も必要となってきます。
しかし一般的に女性の腹筋は男性よりも弱いため「りきみ」の力が出せずに便を肛門まで移動できないことも1つの要因といわれています。

女性は外でトイレを我慢してしまう

0616_04

女性は男性が思っている以上に恥ずかしがり屋です。
それはトイレの使い方にも表れていて、女性は外でトイレを使用することや外出先で排便をすることを恥ずかしがって、我慢してしまう傾向があります。
通常は直腸内に便が移動してある程度溜まると、直腸から脳に対して便意を感じるための信号が送られて排泄させようとする「排便反射」という現象が起こります。
しかし便意を我慢することを日常的に繰り返している内に排便反射が起こらなくなってしまい、実際は腸に便が溜まっているのにだんだん便意を感じなくなってしまうというのです。

ちなみに女性に便秘が多いのに対して、男性は受けるストレスが強かったり油っこい食べ物を好んで食べたりすることなどから下痢になりやすい傾向にあるといわれています。
男女の差は見た目や性格だけでなく、このような体質面にも表れてしまうのですから不思議ですよね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう